社長ブログ
2006/02/12

ウォーキービッツ

世界最小クラスのロボットとして「2005年もっとも優れた発明品」

映像

有楽町のビックカメラで、ウォーキービッツを衝動買いしてしまいました。

5センチと小さく、おしりを振りながら歩く姿がとてもかわいいです。
1000円弱と値段もキュート。

販売元のタカラのサイトには、アメリカの雑誌「タイム」が選ぶ、2005年の「最も優れた発明品」のひとつに選ばれたともあります。
ウォーキービッツの裏に(c)TAKARA 2005 KOREA 2005.12.20
と記載されています。
韓国製ってことなのでしょうか?輸入元がタカラなのでしょうか?

4つのモードを備えています。
音を出しながらおしりを振って「歩くモード」
教えたリズムをまねして歩く「リズムモード」
走る「レースモード」
電子音でメロディを奏でる「シングモード」

2匹買ってきたので、早速レースモードにして競争させてみました。
癒されます。一匹いかでしょうか?

ウォーキービッツ